全国のお得情報ネット

全国のお得な情報を色々紹介していくサイトです。色々役に立つおいしい情報を紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

釜盛@枚方

1号線沿いの有名なうどん屋。釜盛(かませい)。
地元民なら誰もが知っているが、すぐ入れたためしがない。
常に駐車場はいっぱいです。
この日も駐車場はタイミングよくゲットしたものの、2組待ちで入店。

貝柱の天さざれ、温麺で。
この店はつるつるシコシコの手打ちうどんと、
ダシのうまさもさることながら、
その次に続く大きな特徴が「やたら量が多い」。
2005072F122F682Fb0062568_2355130.jpg


貝柱と三つ葉のさざれ天ぷらに、天かすもてんこ盛りで麺が見えない。
その下には、ゆうに2玉分はありそうな大量のうどんが潜んでいる。

いや、うまいからいいんだけど。

かませいうどん。
かけうどん系を頼むと洗面器ぐらいあるどんぶりで出てくる。
器がでかいだけでなく、美味なるうどんも
底から湧いてんのかいい加減にしてくれと思うほど入ってます。
b0062568_236271.jpg


寿司も色々あるが、
一度うどんと一緒に頼んだら当然食べきれず結局包んでもらった。
スポンサーサイト
[ 2006/12/18 10:44 ] うどん | TB(0) | CM(0)

伊勢うどん

本日紹介するのが、伊勢うどん!
yamagutiya-udon.jpg


全国各地にファンが多い伊勢伝統の味
昭和の初め頃から、伊勢市民に親しまれてきた
「山口屋」の伊勢うどん。
同じ名の製麺会社とは関係がなく、
毎朝当日分だけを、温度や湿度を敏感に感じ取り、
水分や塩分を調整しながら打つ自家製のめんが評判。
打ち上がっためんは、1時間かけて大釜でゆっくりと茹でる。
出汁は、地元産の鰹節や鯖節を中心に、
土佐や枕崎産のものを合わせて使う。
ホームページなどを通じて通信販売の人気も高く、
全国から年間500件以上の注文がある。
[ 2006/12/06 10:17 ] うどん | TB(0) | CM(0)

讃岐うどん

本日も四国に旅行にいった時に食べた讃岐うどんを紹介します。
20061121181351.jpg

讃岐うどんは名前の通り、香川で食べれるのですが、
店は大体製麺所とかでその場で食べます。
その讃岐うどんのコシはすごくて、
何杯でも食べれます。私はは4件ぐらいはしごしました(笑)
オススメはしょうゆうどんです。
冷たいうどんに醤油をたらすだけなのですが、
それがシンプルでうどんの味をしっかり味わえてもう絶品です。
その他にも釜玉うどんと言うのがありますが、
釜玉うどんとは、釜から茹でたてのうどんに、卵を落として、
醤油をたらして混ぜて食べます。
丁度卵ごはんのうどん版です。
それも、讃岐うどんならではで、やはり発祥の地だけあって、
うまいです。
うどんはすぐ消化するので、3件ぐらいは回れると思うので、
讃岐うどんツアーに行ってみて下さい。
6051701_1.jpg

[ 2006/11/29 18:29 ] うどん | TB(0) | CM(0)

稲庭うどん

本日紹介するのが私が秋田に旅行に行った時に食べた『稲庭うどん』です。
img_593706.jpg


あのツルッっとした喉ごしと、しっかりしたコシは他では味わえませんね。
稲庭古今事跡誌にもとづく史実によれば、稲庭うどんは、
羽後の国(秋田県)雄勝郡稲庭村の佐藤市兵衛に始まると伝えられています。
市兵衛は陸奥の国(宮城県)の人でありましたが、
稲庭村に移り住み、一族にその製法を伝えました。
今を去ること三百余年、秋田藩主の御用を受けたと記録されています。
稲庭うどんは、四国の讃岐うどん、名古屋のきしめんとともに、
日本三銘うどんに数えられるほど、おいしさには定評があります。
おいしいうどんに共通するのは、コシのある歯ごたえ、なめらかな舌ざわり、
ツルツルした味わいですが、稲庭うどんには、
さらに繊細な線の細い上品さが加わります。
ちなみに私が行った店は
昔になりますが、大阪でも稲庭うどんが食べれます。
今はありませんが・・・ごめんなさい。
なんばパークス内にある稲庭うどんの「稲庭養助」です。
店内少し狭いですが満席!列は2人。5分程で中に通されました。
メニューは冷たい「ニ味うどん」、温かい「なめこうどん」、
そしてそれぞれのミニサイズとシンプルです。
03110807.jpg

「ニ味うどん」は普通のダシとゴマダレの両々で味わえます。
はっきり言って1皿では足りないかも?2皿ぐらい頼んでは?
03110808.jpg

綺麗な半透明。稲庭うどんは細めなので茹で時間が短めですし、
茹で置きという事も無さそうです。
うどんは2-3mmの細い平打ちです。ツルツルシコシコ。
コシとはちょっと違うのかもしれませんが、
ピチピチのうどんが一本一本自己主張するかの様に、
歯の間でぶつーんぶつーんと気持ち良く弾けます。
ぬおぉ素晴らしく美味い。伊達に歴史を重ねて無いという事でしょうか。
醤油ツユは鰹が利いていて、且つ微妙に柑橘系の香りがある様な気が。
このうどんに合っていて美味しいです。
本場で食べたのとでは少し違いますがうまいし大満足です。
やはり讃岐や武蔵野とは違う、
独自の味の文化をきっちり築き上げているのに感服してしまいました。
機会があれば是非稲庭養助に行って下さい。
[ 2006/10/25 19:09 ] うどん | TB(0) | CM(0)
プロフィール

あい

Author:あい
全国のおいしいものやお得な情報を色々紹介していくサイトです。色々役に立つおいしい情報も紹介していきます。
皆さんヨロシクですー。
皆さんからもこんなお得な情報がある!と言った意見は
あいまでメール下さい。ブログで紹介していきますー。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター
ブログ内検索
最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。