全国のお得情報ネット

全国のお得な情報を色々紹介していくサイトです。色々役に立つおいしい情報を紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

盛岡冷麺

昨日も紹介しましたが、今回も東北地方に行った時に食べた
盛岡冷麺を紹介します。
前に行った店は忘れたのですが。。。
qpack_86.jpg

なんといっても他の冷麺と違う所は、やっぱりコシです!
あの喉越しがツルッっとして、歯ごたえがあるコシ!
私が行った店は焼肉屋なんですが、
その冷麺を目的に来るお客さんも多いとか。
もちろん、焼肉もおいしかったです。

「冷麺ください」と注文すると、いわゆる「冷し中華」が
出てくる地方もあるようですが、 盛岡で「冷麺」と「冷し中華」は全く別物なのでご注意を。
冷麺とは、基本的には焼肉店で供され、
初めて食べた人が必ず「ゴムひも食べてるみたい・・・」と言う、
片栗粉と小麦粉からなる半透明で弾力のある麺が特徴です。
具は、サクサクとした歯ごたえのあるキムチ、
キュウリ、ゆで玉子、キムチの辛さをやわらげるためのナシやスイカ、
よく煮込んだ牛肉などが一般的です。
牛肉や鳥ガラをじっくりと煮込んで作られた
コクのある辛いスープに、コシの強い麺をからませて食べると、
噛むたびに辛さと甘味が溶け合い、
この絶妙なバランスがやがてヤミツキになってしまうという、
今や知名度も人気もうなぎ昇りの不思議な麺なのです。
スポンサーサイト
[ 2006/10/31 15:51 ] 冷麺 | TB(0) | CM(0)

わんこそば

本日紹介するのが、私がみちのくへ旅行した時に食べた『わんこそば』を紹介します。

わんこそばとは皆さんもご存知と思いますが、
お椀に蓋をするまで、次から次へとお店の方がそばを入れて、
延々にそれば続きます。
正直言って味と言うより、その食べ方を楽しむ方が大きくて、
味はまあまあです。(他にもおいしいおそばがあります。)
でも、その雰囲気が楽しくて、中々蓋を閉めさせてくれないんです(笑)
私が行った店は老舗中の老舗の東屋です。
azumaya1.jpg

もちろんわんこそばの他にも、刺身やデザート等も付きます。
最初はおいしく味わっていたのですが、
途中から色々な薬味を入れて味を変え、
店員さんと戦いながら食べ続けます(笑)
無事に蓋を閉めて食べ終わった後には、
認定書をくれますので、皆さんも記念に行ってみてはどうですか?
あくまで、味より雰囲気を楽しんで下さい(笑)
盛岡は三大麺が有名で『わんこそば』『冷麺』『じゃじゃ麺』があります。
私は全て食べましたので、また後々紹介していきますね。
[ 2006/10/29 01:00 ] そば | TB(0) | CM(0)

鰹のたたき

本日紹介するのが、この前に高知に旅行に行った時に食べた『鰹のたたき』を紹介します。

tataki_mainimage.jpg

やっぱり鰹のたたきの本場とは高知でしょう!
私が食べた所はひろめ市場で本場の味を堪能しました。
まず、土佐凧って店で食べた『塩たたき』これが絶品です。
もちろん藁で焼くので、外の皮はパリッとして、
中は刺身でプリップリッです。
鰹のたたきって普通ポン酢でしょう?
それがここのたたきは塩で食べるんです。ニンニクと一緒に!
鰹の味がよりひきたき、ニンニクともめっちゃあいます!
是非、一度塩たたきを食べて下さい。
siotataki.jpg

また、明神丸っていう店では、鰹のたたき丼を食べました。
しかも、味噌汁もついてます。丼にするとごはんと鰹があっていて、
一気に食べていまいます。
tatakidon.jpg

ひろめ市場では鰹以外にも産地直送を食べれますので、他にもまわってみて下さい。
実は私は鰹の店以外に2件まわりました(笑)

高知の人は皆さん気前が良くて、いい人ばっかりですね。
土地柄暖かい地域なので、人間性も温かいのでしょう。
特に女の人にキレイな方が多かったですね。
高知には他にもうまいものがいっぱいありますので、
おいおい紹介していきます。
[ 2006/10/28 00:50 ] | TB(0) | CM(0)

野菜鍋

本日紹介するのが店の予約が1年後と言う究極の鍋。『野菜鍋』を紹介します。
野菜鍋とはヘルシー野菜鍋・おざわという、
東大阪にある店で味わえる最高の鍋です。
まず、店に入ると周りには芸能人のサインがいっぱい飾っており、
店の雰囲気は個室で、家族連れやカップルでもゆっくり落ち着けるくつろぎの場所です。

そこのお鍋は具は野菜のみで、スープにはなんと塩・油・調味料を一切使用しておらず。
アガリスク茸や金華ハムを使用しています。
そのスープが絶品で、今まで食べたことの無い味で、
あっさりしていてコクがある!
しかも、このスープの不思議な所は、いくらスープを飲んでも喉が渇かないんです。
もちろん全ての野菜は生でも食べられる新鮮な野菜で、
甘く何も付けなくてもおいしいんです。
また、野菜鍋にはスープの為だけに、新鮮な伊勢海老が入れられ、
その最後にそのスープで作るスープはかなり絶品です。
もちろん伊勢海老も食べられますよ(笑)
それ以外にこの店のすごい所は野菜鍋意外に、前菜で生湯葉、
お刺身盛合せ(サーモン、まぐろ、はまち、あわび、うに)
高級和牛ステーキ、とんかつ、くじら、チキンガーリック、
ピザ、ライスチーズボール、黄金芋、寿司、
海苔雑炊、自家製パン(フランスパンにクリームチーズが入ってます。)
が出てきて食べきれないぐらいで、とてもお腹一杯になります。
ここの店主も愛想が良くてプレゼントをくれたり、
従業員のお姉さんがかわいくて色々話掛けてくれるので、接客も大満足です。
もし、行く時には事前に電話で予約をしてからでお願いします。
次からは会員になれば何回でも訪れる事が出来ます。
また、野菜鍋だけなら他の支店で3000円前後で食べれますので、
気軽に行きたい方はそちらもどうぞ。
[ 2006/10/27 13:43 ] | TB(0) | CM(0)

霧の森大福

本日紹介するのが私が愛媛県に旅行に行った時に食べた『霧の森大福』です。
霧の森大福とは愛媛県にある霧の森・霧の高原という場所に、
霧の森菓子工房と言うお菓子屋に売っています。
でも、その霧の森大福は超人気商品で、遅ければすぐ売り切れてしまいます。
2f075b0c-s.jpg

そもそもそれだけ人気が出たきっかけは、
ぷっすまで紹介されてから一気に知名度が爆発しました。
抹茶の大福の中に「あま~い」あんこそのまわりにクリームが包まれており、
その組み合わせが絶品なんです。しかも、甘さがしつこくないので男性でもいけますよ。
売り切れ続出で、インターネットでもなかなか買うことが出来ません。
是非、愛媛県に旅行に行った時はお買い求め下さいね。売り切れないうちにっ(笑)
もちろん、お茶屋でも出して貰えますよ。
kirinomori.jpg

その後は、霧の森レストランでお食事したり、霧の森の川で泳いだり、
霧の森高原で遊んだりできます。
とても落ち着く所なので、行ってみて下さい。心がなごみますよ(笑)
霧の森レストランのおぼろ豆腐やあめごもまた絶品ですよ。
river.jpg

[ 2006/10/26 12:32 ] デザート | TB(0) | CM(0)

稲庭うどん

本日紹介するのが私が秋田に旅行に行った時に食べた『稲庭うどん』です。
img_593706.jpg


あのツルッっとした喉ごしと、しっかりしたコシは他では味わえませんね。
稲庭古今事跡誌にもとづく史実によれば、稲庭うどんは、
羽後の国(秋田県)雄勝郡稲庭村の佐藤市兵衛に始まると伝えられています。
市兵衛は陸奥の国(宮城県)の人でありましたが、
稲庭村に移り住み、一族にその製法を伝えました。
今を去ること三百余年、秋田藩主の御用を受けたと記録されています。
稲庭うどんは、四国の讃岐うどん、名古屋のきしめんとともに、
日本三銘うどんに数えられるほど、おいしさには定評があります。
おいしいうどんに共通するのは、コシのある歯ごたえ、なめらかな舌ざわり、
ツルツルした味わいですが、稲庭うどんには、
さらに繊細な線の細い上品さが加わります。
ちなみに私が行った店は
昔になりますが、大阪でも稲庭うどんが食べれます。
今はありませんが・・・ごめんなさい。
なんばパークス内にある稲庭うどんの「稲庭養助」です。
店内少し狭いですが満席!列は2人。5分程で中に通されました。
メニューは冷たい「ニ味うどん」、温かい「なめこうどん」、
そしてそれぞれのミニサイズとシンプルです。
03110807.jpg

「ニ味うどん」は普通のダシとゴマダレの両々で味わえます。
はっきり言って1皿では足りないかも?2皿ぐらい頼んでは?
03110808.jpg

綺麗な半透明。稲庭うどんは細めなので茹で時間が短めですし、
茹で置きという事も無さそうです。
うどんは2-3mmの細い平打ちです。ツルツルシコシコ。
コシとはちょっと違うのかもしれませんが、
ピチピチのうどんが一本一本自己主張するかの様に、
歯の間でぶつーんぶつーんと気持ち良く弾けます。
ぬおぉ素晴らしく美味い。伊達に歴史を重ねて無いという事でしょうか。
醤油ツユは鰹が利いていて、且つ微妙に柑橘系の香りがある様な気が。
このうどんに合っていて美味しいです。
本場で食べたのとでは少し違いますがうまいし大満足です。
やはり讃岐や武蔵野とは違う、
独自の味の文化をきっちり築き上げているのに感服してしまいました。
機会があれば是非稲庭養助に行って下さい。
[ 2006/10/25 19:09 ] うどん | TB(0) | CM(0)

卵ご飯(卵かけご飯)

20061024124859.jpg

本日紹介するのが日本人なら誰もが大好きな『たまごごはん』です。
旅先のうまいものとは違いますが、B級グルメの王様として紹介します。
とても奥が深く人それぞれ色々な食べ方があります。
一般的に、関東では『卵かけごはん』、関西では『卵ご飯』と呼ばれています。
まずは、一般的に卵かけご飯とは何か?
わかりしたか?って言うか知らない人はいないですよね?(笑)
また、たまごごはんには人それぞれ色々な作り方があり、
たまごごはんの作り方を全国調査した結果を紹介します。
それぞれうまそうですよね?これだけでも奥が深い食べ物だと思います。
しかも、驚く事にあのエイベックスからCDも発売されているんです。

皆さんも是非聞いて下さいね。
意外にいい歌でしょ?

この歌を聴きながら、朝ごはんにたまごごはんを食べると(゚Д゚ )ウマーですよ!
お知らせ日本たまごかけごはん楽会から第2回日本たまごかけご飯シンポジウムが開催されます。
興味がある方は是非参加して下さいね。
至高の卵かけご飯を食べさせてくれるお店を紹介します。
専門店だけあって家では味わえないたまごごはんを食べさせてくれます。しかも安いです!
自宅では卵かけご飯にこだわった地元特産セットもありますよ?自宅で是非試して下さい。
最後に、自宅でもできる最高のたまごごはんを紹介します!
その秘密は『おたまはん』といったたまごごはん専用の醤油なのです。

他にも色々なたまごごはん専用の醤油がありますが、
これが絶品です。醤油ではなくだし醤油なんですが、
このおたまはんをかけるだけ全然違うたまごごはんが出来上がります。
これも皆さんも是非使って下さい。あとは味の素をお好みで少々かけて下さい。
これで自宅でも最高のたまごごはんが食べられます。
[ 2006/10/24 12:56 ] B級グルメ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

あい

Author:あい
全国のおいしいものやお得な情報を色々紹介していくサイトです。色々役に立つおいしい情報も紹介していきます。
皆さんヨロシクですー。
皆さんからもこんなお得な情報がある!と言った意見は
あいまでメール下さい。ブログで紹介していきますー。

カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
ブログ内検索
最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。